ハチロー看病日記

猫白血病、急性リンパ性白血病を発症したハチローの日々

2013年2月 5日 (火)

ハチローの思い出①

ハチローの名前の由来、なかなか書けずにいましたが思いがけない物を見つけて急に書きたくなりました。かなり長いですがお付き合い下さい(o^-^o)

先日、ふきを昼の間病院で看れるようにと診察室のパソコン横のサークル(サンプルフード置き場として使用中)を片付けていたら、こんなものが出てきました。

Dsc_0256

ブラッシングの時に抜けたハチローの毛です。

何かの本で猫の毛を丸めて作った毛玉ボールでキーホルダーなどの小物を作ってるのを見て、いつかみんなの毛玉で何か作ろうと少しずつためていたものです。

ふわふわのハチロー毛を触りながらハチローを思い出し少し泣いてしまいました。

ハチローとの出会いは2009年の8月5日でした。

その頃毎晩ウォーキングをしていた私たち夫婦。

いつものようにコーポを出て歩き始めました。
家と病院との中間くらいにある駐車場を通りかかった時、突然「ニャ~ン」と鳴き声が聞こえ猫が飛び出してきました。

それがハチローでした。

茶トラ模様でまだ7ヶ月くらいと思われるホッソリした体でした。

「どうしたの?」と話しかけながら撫でると嬉しそうにゴロゴロ喉を鳴らしました。
ひとしきり撫でた後、「じゃあね!」と歩き始めましたがその猫は私たちの後をシッポを立ててついてきました。先っぽがくるんとねじれたシッポでした。
私たちはそのまま歩き、私の職場の病院まで来ました。

(この先は大きな道路を渡らないといけないので付いてくると危ないな)

そう思ってとりあえず病院の中にその猫ちゃんを入れてみました。
特に暴れたりパニックになったりする様子もないので猫をそのままにしてウォーキングを続けました。

帰りに病院に寄ってみると「ニャーン」と鳴いて迎えてくれました。
また外に出すのも忍びないので、里親を探すまでウチにおいてもいいかなと思い別室に閉じ込めていたウチの猫たちに会わせてみると・・・

シャー シャーannoy

とその茶トラの子が威嚇しました。

ウチの猫たちは蜘蛛の子を散らすように逃げて行きました。

(この子を入れるとウチの子たちのストレスになるな。

 それに今5匹もいてこれ以上増やしたくないし・・・。
 これだけ慣れていて外を怖がってないんだからどこかで飼われてて迷っただけかも)

そう思って(というか思うことにして)茶トラの猫を外に出しました。

私たちが家に向かって歩き始めるとその猫はまた後ろを付いてきました。
そして、家に向かって道を渡ろうとしたその時、左から1台の車がやってきました。
ちょうど猫が道の真ん中に来ていたのでとっさに「危ないimpact」と叫んで猫を追い返しました。それでも付いてこようとするので「これ以上付いてきたらダメ!!」と軽く猫を叩きました。

その子はビックリしたのか「ニャ!!」と鳴き、家とは反対側の建物の方へ逃げて行きました。
歩きながら振り返るとそれ以上付いてくる事はなく、建物の前に座ってこっちを見ていました。

そこから家までは徒歩1分くらいでしたが玄関を入って直ぐ
「やっぱり気になるから見てくる!明日の朝撥ねられてたりしたら嫌だし。」
と夫にいい、走って戻りました。

さっきの道に戻ると、建物の前に横たわる物体。ピクリとも動きませんbearing

(撥ねられた!?)

傍に行って「猫ちゃん?」と話しかけても顔も上げません。

心臓がドクン、となりました。

死んでしまったか触って確かめようとしたその時、その子はパッと顔を上げ一声

ニャー」といいました。
それはまるで「なんでさっき叩いたりしたの?ひどいや」と言われたように感じました。

私はしゃがんで「さっきはごめんね。これ以上付いてきたら危ないと思ったから。」と謝りました。
それから、横になったままのその子に「一緒に来る?」と言いながら立ち上がりました。
すると、さっきまで知らん振りだったその猫もサッと立ち上がり
「ニャー!(行く、行く)」と嬉しそうに鳴いて、病院まで私の後ろを付いてきました。

翌日、体重を量ってノミ予防をして、そして猫エイズ・白血病の検査もしました。
残念ながら結果は猫白血病陽性でした。
元気なら里親を探そうと思っていたのですがどうやらウチの子に決定したようです。

8月6日にウチの子になったからハチロー

それから3年と2ヶ月。
こんなに早くお別れの日が来るとは思っていなかったのでハチローのことは今でも悲しくてなりません。
ハチローと最初に交わした会話は今でも鮮明に覚えています。

それは私にとって動物と心が通じた貴重な瞬間でした。

動物と話せたshine

そんな感覚でした。
ハチローのことがなければレイキやアニマルコミュニケーションに興味を持つことはなかったかもしれません。

ハチローと過ごした3年2ヶ月は短くても楽しくて笑いに溢れていました。
人懐っこくて愛嬌たっぷりだったハチローのことはずっと忘れません。
いつかまた巡りあえるといいなheart01

Dsc02335

2012年12月 8日 (土)

ハチローの思い出①

ハチローが旅立って1ヶ月と少し経ちました。
ハチローとの出会いは私にとって印象的なので
ぜひ書いておこうと思い写真を見ていたのですが、、、
まだ、落ち着いて振り返れるほど心の余裕がないみたいです。

出会いは2009年8月でした。
もっと長く一緒にいた気がしていましたが
ハチローと過ごしたのはたったの3年2ヶ月。
ハチローは私の元を駆け足で通り過ぎて行ってしまったんですね。
もっと長く一緒にいたかったな・・・。

Pict0012

保護直後。元気だった記憶ですが意外と状態が悪かったようです。

P8110249

まだホッソリしてました。1才未満かなと思いました。

Dsc02270

おもちゃで遊ぶのが大好きで、夢中になってました。

どちらかというと犬派だった夫に猫の魅力を教えてくれたのもハチローです(*^-^)

Dsc02335

おしゃべりで、人懐っこくて、愛嬌のある猫でした。

生まれ変わってもまたうちに来てくれるといいなheart04

2012年11月 5日 (月)

一週間経ちました

ハチローが旅立って1週間が経ちました。

ふとした拍子にハチローの気配を感じることがあり、

その度に「もう会えないんだな・・・」と少し悲しくなってしまいます。

亡くなった直後よりも今の方がちょっと寂しい感じですが

これも日にち薬と思い日々を過ごしています。

実はハチローが亡くなった後、同じ猫白血病キャリアーのかんちゃんときくちゃんの血液検査をしました。

嫌がるのでつい「ま、いいか」となってしまいがちな自分の猫。

早期発見には定期的な検査がやっぱり欠かせないなと思います。

食欲があれば安心ですが、きくちゃんは年に何回もほとんど食べない時期があります。

ここ最近も食欲がなかったのですが、元気はあるし欲しがるのでいつものパターンかなと思っていました。

でも、ハチローも10月初めまで食欲があったし、食べなくなってからもすごく元気だったので心配になりました。

検査の結果、かんちゃんは生化学検査では異常なし。白血球分類はまだ検査中です。

そして、きくちゃんは・・・なんと腎不全になっていました!!

数値はまだそんなに悪くないので皮下点滴と食餌療法で経過を見ようと思います。

今回、ハチローのお陰できくちゃんの病気を見逃さずに済みました。

元気があるから、いつもの症状かな、と思うことも多々ありますが検査は必要だと痛感しました。

私は自分の家の子が嫌がることをなかなか出来ないので、

これからは主治医の先生を決めて時々は健診に行こうかと思っています。

Pb020002

点滴後、ベッドですやすや眠るきくちゃん。

腎不全は割と多いので上手くコントロールできるのではないかと思います。

かんちゃんも血液の異常はありませんでしたが、慢性口内炎があり歯肉にポリープが出来ていました。

ずっと迷っていましたが今日、麻酔をかけて処置しました。

無事終わってホッとしています。

後は病理検査で問題なければいいなと思います。

2012年10月29日 (月)

ハチロー、虹の橋へ

逝ってしまいました・・・。

最期の時に傍にいてあげられませんでした。

夕食のために家に帰ったこと、すごく後悔しています。

でも、安らかな顔でした。

かなり弱っていたのであっという間だったと思います(思いたい)。

甘えん坊だったのに一人にしちゃってごめん。

後悔先に立たずですが、きっとハチローが私のためにそうしてくれたんだと思います。

たくさんの応援、そして私への励ましのコメントありがとうございました。

とても力になりましたし、辛い気持ちが救われました。

落ち着いたらまたお返事させて頂きます。

お別れは本当に辛いけど、ハチローに出会ってたくさんの幸せをもらいました。

ハチロー、ありがとう。

これからもずっと大好きです。

Dsc08334

危機そして・・・

今朝は昨日よりもさらに状態が悪いようなので投薬はやめました。
抗生物質だけ注射して様子を見ています。

お昼前にちょっとしんどそうだったので膝に乗せてみるとウトウトと寝始めました。
なでているとゴロゴロいって少し落ち着くみたいです。

Pa290238
ハチローのために出来る事があるのが嬉しいです。

午後は銀行に行った後、病院で過ごしました。
呼吸状態がかなり悪いので側でずっとなでていました。
調子が悪いと心細いのかピッタリくっついてくることが多いです。

午後の診察が始まる4時前に玄関を開けるためにほんの少し側を離れて戻ると、
コタツに移動したまま酸欠で倒れて息も絶え絶えになっていました。
意識は朦朧としていますが苦しそうに見えるのですぐに酸素を吸わせて
看取る覚悟で「ハチロー、ハチロー」と呼びかけながらなで続けました。

一時は呼吸も途切れ途切れになったのですが、奇跡的に復活!!
いいのか悪いのか分りませんが、やっぱりホッとしました。
でも、この後も苦しむ可能性が高いので意識がボンヤリして横たわっている間に
血管に留置針を入れていざという時の供えにしています。

PCVは6%。
もう限界の値を超えているのにハチローはまだ生きようとしているんですね・・・。

ハト吉の時にもしも最期に呼吸困難になったらどうしようと悩んだので看護師の友人に相談しました。
すると「人の場合、呼吸が苦しいと不安でパニックになるからミダゾラム(催眠鎮静剤)を
静注してウトウトした状態にするよ。本人も眠っているから苦しまなくていいよ。」と教えてくれました。

その時、ミダゾラムを買っていたので直ぐに静注しました。
意識が戻りかけて暴れそうだったんですが直ぐにウトウトし始めました。
酸素マスクもしていたので楽になったみたいで、診察から戻ってみると水を飲みに行ってました。
酸素なしでも苦しそうではなく、状態が安定したみたいです。

その後は布団の上で寝ていますが、酸素マスクを嫌がらず自分から顔を入れます。
これをしていると楽だと分ったのか!?
賢いぞ、ハチロー(*^m^)

Pa290239_3

正直、もう長くないとは思いますが楽に最期を迎えられたらな~というのが今の希望です。

週末のハチロー

輸血をするのかしないのか迷ったまま週末を過ごしました。
土曜日のPCVは8%。
減っていない事にほっとしましたが、赤血球が増えてないという事は
ステロイドと漢方薬で治療をしても骨髄の機能は回復していないという事になります。

もしも、PCVの回復が見られたら輸血で一般状態を少し改善させて
貧血が治るのを待つつもりでしたが難しいようです。
日曜日に一応ボーノの採血をして生化学検査とクロスマッチをしたのですが
一時しのぎであれば苦しみが長引くだけ、と輸血は断念しました。

昨日は日曜日なのでほとんど一緒に過ごしましたが、
元気だった頃のように院内シューズでパリパリ爪とぎしたりしてご機嫌でした。
もちろん状態は動くのもやっとで良いわけではないんですが、
それでもシューズでの爪とぎはハチローがご機嫌な時の癖だったので嬉しかったです。

夕方はなぜかみんなと一緒にご飯をもらいに出てきていました。
最近、ドライをほんの1、2口食べていたのですが昨日は朝少し食べたきり。
夕方もヒニャーと鳴いて訴えるものの何も食べずでした。
ハチローのためにペースト状のササミを買ったのでシリンジであげてみると
10mlくらいは飲んでくれました。
抵抗する元気がないのか前より飲ませやすかったです。

状態からするとどんどん悪化しているはずなのに
食べようとする気力がここ数日は見えます。
亡くなる前に食欲が出るのは今までにも経験があるので「そうなのかな」と思ったり、
「いや、ハチローは一生懸命生きようとしてるんだ」と思ったり・・・。
命の危機に直面すると脳内に「食べなさい」って指令が出るんでしょうか?
いずれにしても食べてくれるというのは嬉しいものですね。

Pa290236

2012年10月26日 (金)

迷い

昨日からハチローの治療について迷いまくっています。
輸血もせずこのまま見守るだけでいいのか。それって見殺しなんじゃないか。
抗がん剤をすれば助かるかも。でも副作用が怖いし・・・などなど。
考え出すとキリがありません。
西洋医学か東洋医学か、自分でも何を信じればいいのか分らなくなっていて、
仕事にも自信をなくしてしまいました。

昨日はかなりぐったりしていたハチロー。

血液を調べてみるとPCV8%でした。

もう、正直生きているのが不思議な値になってます。

漢方薬も昨日は飲ますことが出来ませんでした(暴れるとそのまま死んでしまいそうで・・・)。

お昼前に布団の上で白血病キャリアーの3匹が団子になってました。

Pa250233

そして、午後の診察の前に見るとなぜかこんな状態に。

Pa250235

よく上がれたな~と感心すると同時に「なぜベッドの下に?」と、

こんな時だけどハチローの行動に笑ってしまいました。

Pa250236

ハチロー、しんどいけどもう少し頑張ろうね!

2012年10月24日 (水)

いい1日でした

ハチローは低空飛行ながら飛び続けています。
辛いかもしれないけどもうちょっと頑張れ、ハチロー!!

昨日からステロイドをやめました。
特に効果がないようなのでハチローの自然治癒力を高めることだけをしようと思います。
今日はインターフェロンをうちました。
後はいつものルミンAと紅雪冬夏を飲ませています。

何も食べないと元気も出ないだろうと少しだけチューブダイエットという栄養ミルクを飲ませましたが嫌がるし、しんどい様子。
でも、ちょっとずつあげてみます。

今朝は布団の上にいたんですが、午後天気が良かったので日光浴させました。
やっぱり太陽の光を浴びないとね。

Pa240236

ボーノとかんちゃんも出てきて一緒に日向ぼっこ♪

Pa240243

夕方は自分から台所に飛び乗ってキクちゃんとボンヤリしてました。

Pa240252
夕日が眩しいね。

その後見たら、台所の猫専用(となってしまった)棚の上に乗ってました。

Pa240253

今日は表にも出てきたし、あちこちウロウロしています。
痛みとか苦しさがなければいいのだけど・・・。

2012年10月23日 (火)

昨日と今日のハチロー

 昨日から動くのもやっとでしんどそうなハチローを見て強制給餌はやめました。

 漢方薬(ササヘルスというドリンクの中に数種類の漢方薬を混ぜた物)も土曜の夜から始めたばかりなのでもっと続けたいんですが、無理をするとそのまま逝ってしまいそうなので断念・・・。

 でも、錠剤ならば何とか飲めそうなのでルミンAという細胞賦活化剤と紅雪冬夏という貧血にものすごく効くという漢方薬のみを飲ませています。

 強制給餌をやめてハチローもほっとしたでしょうが実は私も・・・。

 このところ、ハチローがご飯の時間になると動くのもしんどいのに思いがけない場所に隠れたり、私が近づくとちょっとビクッとしていたんです。

 それでも絶食にすると肝臓にダメージがくるので必死で1回に40mlくらいのa/dを飲ませていました。

 今は何もせず側に寄り添うだけなので気分は楽です。

 20121023_213057

 昨日はみんなにご飯をあげてから見に行くと部屋にいなくて探し回りました。

 まさかのケージの上!ごはんの時間はハチローも必死で隠れようとします。

 最初はオレンジのベッドの中にいたんで全く気付きませんでした。

 

 20121023_213115
 

 撫でるとちょっと安心した顔に。

 

 今朝はご飯の時に押し入れの中にいました。

 その後、こんな所で寝ちゃったので寒くないように毛布をかけてます。

 20121023_213030

 お昼休みには押し入れの荷物の上に座っていたんですが、

 ふと気付くと横になっていた私にくっついていました。

 20121023_212934

 このままずっと一緒にいられたらいいのに・・・って思います。

 奇跡よ起きろ!!

 

 

 

 

2012年10月20日 (土)

ハチローのこと

10月初めから調子が悪くなっていたハチローの検査結果が18日に漸く返ってきました。

急性リンパ性白血病。

骨髄の造血細胞が腫瘍化して、正常な赤血球や白血球を作れなくなる病気です。

8月から口内炎が良くならず、ずっとNSAIDsを飲ませていました。
9月末くらいから舌の色が白っぽく感じて来たので嫌な予感はしていたのですが・・・。

気になりながらも採血を嫌がりすごく暴れるのでのびのびになっていました。

(自分の猫に嫌がることを出来ないのは私の悪い所です)

さくらが亡くなった日、やっとハチローの採血をしようと決意し、妹に手伝ってもらいなんとか取りました。

その時点では貧血はPCV26%と軽く、肝酵素がALP200、ALT700と高かったので

食欲不振が続いた事による肝リピドーシスかもと淡い期待を抱き、強制給餌を始めました。

肝リピドーシスは絶食や食欲不振が続くことにより肝臓に脂肪が蓄積し肝機能不全になる猫に特有の病気ですが食事を摂らせることが出来れば90%以上が治ります。

ハチローは幸い、口からなんとかa/dを飲ませる事が出来たので毎日1.5缶を目安に無理やり飲ませました(拷問みたいで本当に辛いです)。

14日の朝、聴診で貧血性雑音が聞こえたので15日に検査したところ、

PCV13%と5日間で赤血球が半減していました。

詳しい検査結果がまだ出ていなかったので、ヘモバルトネラ感染で赤血球が急激に壊されて貧血と肝酵素の上昇が起こっているのかもと考え、ドキシテトラサイクリン(抗生物質)とステロイドを投与しました。
2日くらい続けると少し食欲が出てきて、17日にはドライフードも食べれるようになりました。

もしかしたら治るかも!

でも、期待もむなしく返ってきた結果は急性リンパ性白血病

抗ガン剤治療が第一選択になりますが、予後はあまりよくない病気です。

完治しないのなら抗ガン剤はしない。
それが私の方針なので漢方薬局に相談させて頂き、漢方での治療を始めることにしました。

結果が出るまでの治療には以下のものを使っていました。
貧血があるので赤血球の膜を強くするセファランチンを1日2錠、1mg/kgのプレドニゾロンを1日1回。
ヘモバルトネラ感染を考えてドキシサイクリンの投与。
肝酵素が高いのでSAMe(ノビフィットS)を1日2錠投与。
AHCCリキッドを1日30滴。

食欲が出たのは14、15日の2日間、プレドニゾロンを2mg/kgに増やしたのが効果あったんだと思います。

さらに15日からはさくらのために買った正仙茸と三中参を与えています。

今まで同様の症状で助かった猫を私は知りません。
数年前にも同じ症状でチャーリーという猫を亡くしました。

ハチローは今4歳になるかならないか。
出会いも運命的で、私はチャーリーが生まれ変わって来たのではないかと思っています。
最初から猫白血病を持っていたので覚悟はしていましたが、
いざそうなってみると「まだ別れたくない!!」と毎日苦しみもがいています。

自分ではたくさんの子を見送って、ずいぶん心のコントロールが出来るようになったと思っていました。
でも、まだ元気なはずの若い猫が病気になるのは気持ちが全然ついていきません。
このところ立て続けに亡くなっているのもありますが、
とにかく怒り、悲しみ、不安などいろんな感情が渦巻き自分でも持て余す状態でした。
レイキもやってみましたが今の私はコントロール不能です(^^;)

診断が出たことでとりあえずは方針がたち、やっとブログを書くことが出来ました。
先のことは分かりませんが、出来る限り長くハチローと一緒にいられるようにと願っています。

20121020_104937


フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ