老犬介護日記 ふき

痴呆症状が出始めたふきの日常

2014年5月 9日 (金)

ふき、虹の橋へ

昨日15:00、ふきが虹の橋へ旅立ちました。

15歳と11ヶ月。今月末が16歳の誕生日でした。

お昼休み中で側にいたのですが、ふと気付くと息をしていませんでした。

本当に静かな最期でした。

前日までご飯も食べていたのでビックリしましたが大往生だと思っています。

私たち家族にたくさんの福を運んでくれた福来(ふき)。

今頃は天国でさくらと一緒に走り回っているんじゃないかと思います。

長い間本当にありがとう。またいつか会えるといいね。

2

2013年10月 9日 (水)

お久しぶりです

2月にアップしてから随分と日にちがたってしまいました。

いろんな事があったのでなかなかブログを書こうという気になれず、気付いたらこんなに時間が経ってた・・・って思います。

ふきは相変わらず余生を楽しんでいます。

Dsc_0627

足腰が弱って歩き回る事はほとんどありませんが、ご飯は9月頃からまた自分で食べてくれるようになりました。

一時は口を開けてスプーンで入れないと食べなかったのにビックリです!

背骨が曲がってしまっているのでご飯前のストレッチとマッサージが日課です。

Dsc_0731

2013年2月28日 (木)

まだまだ元気です!

この1ヶ月、ふきは一時期調子が悪かったのを除くと結構安定しています。
ただ、自力でご飯を食べなくなってしまったので食餌は朝晩スプーンで口に入れています。
お肉(おいしいもの)はすぐに食べますが、ドライと缶詰を混ぜたものなどは最初の数回「ペッ」と吐き出すので(笑)、

何度も口に入れ直して漸く食べ始めるという感じです。
ちょっと時間はかかりますが、一度食べ始めるとパクパクと1回量を完食します。

先週末からサンプルで頂いた漢方サプリメントを飲ませているのですが、
活動性が増して何だか元気になった気がします。

暖かい日中は外で日向ぼっこも。               

Dsc_0272

いつの間にかこんな所に上がっていたりw(゚o゚)w

Dsc_0274

ウロウロ徘徊しながら何を考えているんでしょうか?

Dsc_0275

とりあえず、春が待ち遠しいね!

2013年1月23日 (水)

最近のふき

先週、食欲が落ちて一日中寝てばかりになり心配していたふきですが、
その後また元気になってきました。
ちょっと私が忙しくてなかなか看てやれなかったのですが、
食事をきちんと食べてなかったり、水を飲む量が少なかったりしたのかもしれません。
父がメインで世話をしているのですがやっぱり細かい所まで気が回らないので
母と私がフォローしている感じです。

食事はなるべく温めて傍について最後まで食べさせたり、
時々起こして水をあげたり、寝ていても昼間は起こしてマッサージしたりしてみました。
ご飯もワンちゃん用缶詰よりもササミやドライフードの方がよく食べるみたいです。
缶詰は口に入れても「ペッ」と吐き出すんですが、
その後ササミをゆでたものを口に入れてみるとそのままモグモグ食べるんです(笑)
ヒトの食べ物ももともと大好きだったふき(よく父がアメとかお菓子をあげてたので)。
私が食べていたシガーフライを鼻先に持っていったらすぐにパクッっと食べました。
好きな物と嫌いな物はハッキリしているようです(^^;)

今は私たちが見てあげられる時は出来るだけサークルから出すようにしています。
ダイニングでうたた寝する父の傍にいられてフキも幸せそうです。

Dsc_0200

かわいい、かわいい。

Dsc_0205

2013年1月12日 (土)

寒いけど・・・

今朝は実家に行ってみるともうふきは眠くなってるようでした。

Dscf1163

ん?よく見るとなんだか毛布から耳が出てる!?

前に回ってみると、

Dscf1160

わかめがちゃっかり一緒に入ってました。

2匹でくっついてると暖かいからいいね。

Dscf1164


この所、ふきはよく食べています。

私も朝と夜はなるべく行って、水を飲ませるようにしています。

この調子ならまだまだ頑張れそうです。

2012年12月19日 (水)

お散歩

週末、妹が帰省していたので私も実家でゆっくりさせてもらいました。
いつもは昼間あまり見てあげられないのですが、人数が多いと誰かがちょこちょこと見に行きお世話が行き届きますね。
寝ていることが多いふきですがトイレに行きたい時は起きてウロウロすることが多いみたいです。

寝たままで・・・ということは今の所あまりないです。

この時も寝ていたふきが起き出してウロウロするので散歩に連れ出してみました。
トイレに行きたい時はスタスタとけっこう早足で歩きます。

そしてウンチとオシッコをすませると、とたんに歩かなくなるんです(笑)

Dsc_0133 

排泄を済ませてボンヤリしているふきです。

近くでアパート建設の工事をしているんですが現場監督らしき男性から声をかけられました。

「大分年じゃな~。でも大切にしてもらって幸せじゃ。」

なんだかほんわか嬉しい気持ちになりました。

年取ったワンちゃんをみてよく「かわいそう」という方がいます。

多分、「(こんなに年を取って、痴呆になって)かわいそう」という思いが何気なく口に出てしまうのでしょうが

私はいつも違和感を感じます。

「(こんなに長生きできて、大切にしてもらって)幸せだね」

そう言ってもらいたいなと思います。

ふきはおばあちゃんになってもかわいいし、大切な家族です。

Dsc_0139

2012年12月13日 (木)

寒さ対策

急に寒くなりました。
老齢のワンちゃん、ネコちゃんは循環不全から心臓、腎臓、脳疾患を起こしやすいので
急激な温度変化に気をつけて下さい。
この時期は水を飲む量が減っていつの間にか脱水が進んでいたりします。
脱水は脳梗塞の原因となったり、腎不全を悪化させたりしやすいので水分もまめに与えましょう。

というわけで、ウチの老犬ふきも寒くなってまた少し症状が悪化した気がします。
寝ている時間が長くなり、ご飯もここ2日は自分では食べなくなっています。
口に入れてやるとモグモグ食べているのでまだ大丈夫かな?

オイルヒーターと電気毛布で寒さ対策はしていますが、
更なる冷え対策に毛布で出来た服を着せてみました。
ふきちゃん、生まれて始めてのお洋服です。
意外と似合ってるのではと思いますが。

Dsc_0131

サークル内が暖かいのでワカメとカツオがいつも一緒に入っています。
誰のためのサークルか分らなくなってますが、
3匹でくっついてればより暖かいのでよしとします(^m^)

2012年12月 1日 (土)

うちのワンズ

このところ犬猫の体調も落ち着いていて平和な日々です。

この間、夜実家でしばらくふきと過ごしました。
コタツに入っていると廊下や部屋を歩き回っていますが、
声をかけるとなんとなく分るらしく側に寄って来ます。
おやつはすごくよく分かっていて(笑)、おやつ入れを振るとちゃんと側に来ます。
小さく切ってあげても絶対手は咬まないんです。
えらいぞ、ふき!

20121201_122012

ご満悦♪

おまけのゴンタ。

20121201_071946

今日は母が同窓会で一泊旅行に行ってるので私がゴンタの散歩をしました。
保護当時(1~2歳)は引っ張り癖、吠え癖、咬み癖とやんちゃで大変でしたが、
最近は年を取ってめっきり大人しくなりました。
未だに気に入らないと咬みますが、散歩はゆっくりになったし他のワンちゃんに吠えたりもしなくなって楽になりました。
治療はよっぽど弱らないと出来そうにないゴンタはピンピンコロリを目指します!

2012年11月13日 (火)

徘徊対策

ふきの痴呆症状が進んできたためペットサークルを購入しました。
今までは6帖の部屋と車庫を改造した運動場を自由に行き来していましたが
徘徊がひどくなり、何度か狭い隙間に頭を突っ込み抜けられなくなるという事件(?)がありました。
最近は起きている間はずっとウロウロ歩き回り、疲れたらその場で爆睡というパターン。
寒いのに冷たいコンクリートの上で寝ていた時は死んでるのかとビックリしました。

実家は母も仕事を辞めて家にいますし自営業なので父もちょこちょこ帰ってはきますが、
ヒトの目が行き届かない時もあるので安全のためにサークルを使うことにしました。

いろいろ探した上で選んだのがスリーピーさんの木製ペットサークルです。
もともと人用のベッドやベビーベッドを作っている会社で作りもしっかりしていますし、
なにより日本製なので安心です。
柵の間隔は5cmなので鼻を突っ込んでしまわないか心配だったんですが、
隙間に突っ込むこともないし、柵が丸く加工されているので傷つく事もありません。
サークルは広げて2箇所ネジを止めるだけなので設置も簡単でした。
木製ですから部屋に置いても違和感なくなじんでいます。

中にはオシッコ対策に洗えるマットを敷き、毛布などで暖かくしています。
起きている時は中でクルクル歩き回り、

Dsc_0061_2

疲れたらバタリ。

Dsc_0056

ヒトもでしょうが痴呆(認知症というべき?)の症状は単調な行動を繰り返したり、
感情表現が少なくなったり、以前とは全然違った人格ならぬ犬格になってしまいます。
介護する側としては一生懸命お世話しても喜ぶなどの反応がないのでちょっと寂しい感じもします。
それでもふとした拍子にはしゃいだりする姿をみると子犬みたいで「かわいいな~」って思います。

生き物はすべてまっさらな状態で生まれてきて、成長と共にいろんな事が出来るようになり、そしてピークを過ぎると今度はだんだん出来ない事が多くなり、また生まれてきたのと同じまっさらな状態で空に還って行くのかな~なんて思う今日この頃です。

そう思うと、お粗相したり、出来ない事が増えてきても子犬になったみたいで愛おしいです。

あとどれくらい一緒にいられるのか分らないですが、ふきがいい時間を過ごせるようにみんなで見守りたいと思います。

フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ