さくら看病日記

血管肉腫のさくら、術後の日々

2012年10月11日 (木)

さくら、虹の橋へ・・・

さくら、昨日12時11分に虹の橋へ旅立ちました。

私は仕事だったので妹と父が看取ってくれました。
3回くらい大きな息をしてそのまま静かに逝ったそうです。

前日の夜は妹と2人で付き添ったんですが、
水も自分でガブガブ飲んでいて、まだ大丈夫だと思っていました。

早朝、ふきを連れて散歩に行く父の声を聞き、
「キューン、キューン」と鳴きました。
自分も一緒に行きたかったんでしょうね。
早く元気になって一緒に散歩に行こうね、って励ましました。
それから30分くらいして見ると、疲れて寝ている妹と並んでさくらも寝ていました。
私はそのまま起きて仕事に行ったので、それがさくらとのお別れになりました。

最期に大好きな父と妹に見送ってもらい、さくらにとっては良かったと思います。
うちに来てから約12年半、たくさんの笑いと幸せをくれました。
本当はもっともっと長く一緒にいたかったけど・・・、
思ったより早くさよならの時が来てしまいました。

今頃はきっと自由になって思いっきり走り回ってることでしょう。
さくら、ありがとう。またね。

P7260086

2012年9月26日 (水)

もうすぐ1ヶ月

さくら、手術からもうすぐ1ヶ月です。

貧血もあったので術後数日は予断を許さない状態でした。
手術当日は夜中に急変したらいけないので私が付き添う予定でしたが、
準備をして行ってみると父が付き添って寝ていました。
私が来たのにも気付かないくらいぐっすり寝てましたが(笑)、

父がずっと世話をしていたので何もいいませんでしたが心配だったんですね。
2日間家で痛み止めの入った点滴をしていたのですが、私が仕事の間、父と帰省した妹が交代で付き添ってくれました。

みんなに見守られて徐々に元気を取り戻したさくら。

その後は比較的落ち着いた状態でしたが、ここ数日は食欲がなく散歩にも行きたがらないというので、
NSAIDs(非ステロイド系消炎鎮痛剤)を飲ませてみました。
翌日から元気に散歩に行き、ご飯もしっかり食べているようです。
私が飲ませているのはプレビコックスという薬ですが、抗腫瘍作用も報告されているので続けてみようと思います。

他には正仙茸と三中参という漢方のお薬をネットで調べて取り寄せました。
免疫力をあげて、体力の回復が図れればと思っています。

経過はまたご報告したいと思います。

昨日のさくら。
「骨付きカルビ」をボリボリ食べています(*^m^)

20120921_145326_4

長生きして、まだまだおいしい物いっぱい食べようね~。

20120921_144634

2012年9月11日 (火)

血管肉腫

8月末に脾臓が腫れていることが分かり手術をした実家の犬さくら。

先週末、病理結果が返ってきました。
そうじゃないといいな~と思っていた最悪の結果「血管肉腫」でした。

脾臓は良性の腫瘍だったら摘出で完治できるので期待していたのですが、
血管肉腫は肝臓、心臓、肺などに転移している可能性が高く予後が悪い腫瘍です。
手術時に見た限りでは腹腔内、肝臓への目に見える転移はありませんでしたが・・・。

アドリアマイシンという抗がん剤を使うと延命効果がある(中央生存期間6カ月)そうです。
私は化学療法はしない主義なので(たとえ自分が癌になったとしてもです)、
さくらにも免疫を高める漢方、サプリメントを与えて経過をみようと思います。

今年12才のさくら。

ガンと闘うのではなくうまく共存して、天寿を全う出来ればいいな。

Dsc07445
今年初めの写真。元気いっぱいだと思ってました。

手の皮膚炎もカラーをしてやっと治ったところだったのに。

Dsc_0099

写真が嫌いだからなかなかこっちを向いてくれません。

ワカメはすごいカメラ目線^m^

Dsc_0101

何度も呼んでやっと振り向いた所~♪

さくらが大好きなワカメのためにも頑張らなくちゃね!!

フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ