« もうすぐ1ヶ月 | トップページ | さくら、虹の橋へ・・・ »

2012年10月 2日 (火)

レイキマスターになりました

 9月29日にレイキサード・ディグリーのアチューメントを受けました。
 これで全てのアチューメントを受け、レイキマスターになりました。
 とはいえ、自分ではレイキのパワーが増したとか、感覚が鋭くなったとか感じることは全然ありません。
 これからレイキを毎日の生活に取り入れるようにし、変化が起こるかどうかを楽しみに過ごしていきたいです。

 サードのアチューメントもセカンドと同じく3回行われました。

 1回目はかなり長い時間がかかったと思います。
 上半身には入りやすかったけど、下半身の流れが悪かったと言われました。
 アチューメントの間は目を軽く閉じているんですが、最初は紫の光がボワッと出てきて小さくなるのを繰り返していました、それから黄緑色の光が交互に出てくるようになって、しばらくは暗い状態が続き、最後にまた黄緑色の光が出てきました。
 目の錯覚かなと思っていたのですが、後で聞くと感覚が開かれるとイメージが見えやすくなると言われました。
その時の私のオーラは黄金色でかなり強かったみたいです。
最初の時にハト吉が側にいたので今回も呼んでみたらポンッて感じで出てきたそうです。
ただ、何をするでもなくボーっと見ていたらしいです(笑)

 2回目は最初銀色のオーラが出ていて、後はやっぱり金色だったとのことでした。
 私は目を閉じている間、黄緑色の光が外から中心に向かって消えていくのが見えました。
 それから、最後の方に両手の平を上に向けたポーズをとるのですが、手の甲がチリチリする感じ(弱い電気が流れているみたいな)がありました。

 3回目はピンクの光と黄緑色の光が交互に出たり消えたりするのが見えました。
 それから何故か「ワニ」の映像が見えて頭の中に「揚子江ワニ」と浮かびました。謎です(笑)
 最後は上に向けた手の平が暖かくなり何かを乗せている感覚がありました。
 終わる頃にはそれまで重かった肩の辺りが軽くなり、自分でも体の中の血または気の流れが良くなったって感じがしました。

 七音さんに聞くと、私の体の真ん中に金色に輝く柱みたいなのがあって、そこから出た光が周りに倒れている(死んでいるのかは分らない)猫ちゃん達に降り注ぐとその猫ちゃん達がムクッと起き上がって光と一緒に上に上っていくのが見えたそうです。
 それが本当なら嬉しいし、これから先、病気の動物たちにヒーリングが出来るようになればいいなと思います。

 今はまだ、レイキがどんなものか分っているわけではありません。
 ただ、興味を持った時に友人の紹介で七音さんを紹介してもらったことには不思議な縁を感じます。
 もし、友人の紹介がなければ少し怪しい感じもするし、実際にアチューメントを受けることはなかったでしょう。

 受けてみて、自分で体感できる不思議な感覚もありましたし、七音さんの手からはすごい熱を感じるので(太陽みたいに暖かい熱を感じます)、
 「やっぱり人の手からはエネルギーが出てるんだな」って感じます。

 あと、レイキを学んで一番よかったことは感情に囚われなくなったことです。
 「辛い、悲しい」という負の感情を上手に手放せるようになってきたのはレイキのお陰だと思います。

 レイキでは考えても仕方がないこといつまでもくよくよ考えず「後はお任せしますから答えを下さいね」みたいに天(自分より上の存在といえばいいのかな)に任せてしまいます。
 そうすると必要な時に答えが教えてもらえるそうです。
 要するに「悟り」と同じことなんですが、苦しい修行を積むのではなく自分も癒されながらその境地に達することができる方法かもしれませんね。

 現在、血管肉腫で闘病中のさくら。
 どうやら腹水が溜まってきているようで、先行きはあまり明るくはないようです。
 薬ではどうにもならない時にレイキヒーリングをしてあげられる安心感もありますが、私の心が落ち込まず前向きにいられるのもレイキを知ったお陰だと思っています。

 今日も世界、そして全ての生き物の平和と幸せを祈ります!

« もうすぐ1ヶ月 | トップページ | さくら、虹の橋へ・・・ »

レイキ」カテゴリの記事

コメント

レイキマスターおめでとうございます。
はっち先生のオーラってすごいです!黄金色は特別なカリスマ性のある人のオーラでは…
しかも、猫たちが起き上がるなんて、まさに獣医は天職ですね!

揚子江ワニには笑ってしまいましたが、日中関係に気をつけよ、との宇宙からのメッセージかしら?

ヒーリングなどで悲しみなどの負の感情から開放されたら素晴らしい事ですよね。飼い主の精神状態って闘病中のペットには伝わってしまいますよね。
私もうちのちーたんが得体の知れない扁平上皮癌になって取り乱し、どんどん顔が変形して血だらけになってくのが受け入れられず、ネットで調べまくり、かかりつけの先生まで信用出来なくなったりしたことまでありましたが、「ごめんね。これ以上治してあげられないんだ。」といつもちーたんの頭を撫でてくれた先生に任せて残された時間を大切にしようと私がをくくってから、気のせいか安心して闘病してくれていた気がします。

うちにはまだ老犬と老猫がいます。いつかくる闘病生活が少しでも前向きにできる参考に、先生のレイキリポート注目していきます。
さくらちゃんガンバレ!

先生、レイキマスターおめでとうございます!!

詳細なお話どうもありがとうございます。
レイキのアチューメントというのは不思議な体験なのですね!
猫ちゃん達が出て来てくれるなんてー!!

獣医さんというだけでも
とても動物を癒すことが出来る素敵な存在だと思いますが、
西洋医学的方法だけでなく
レイキというアプローチも取り入れた施術が出来るなんて
腫瘍など重い病気を患った時は尚更、
動物と共に暮らす私達にとっても、
本動物にとっても本当にすばらしい存在に成られたのではないかと思います!!

頑張られているさくらさんも、きっと心強いことと思います!!!U^・ェ・^U/

>チコリさん

オーラの色は体調によっても変わるみたいです。
もちろん明るく輝いている方がいいんだと思いますが自分では実感はないです。
でも、これから病気の子や必要としている子にヒーリングが出来るようになると嬉しいです。

レイキは使えば使うほど流れやすくなるそうなので今は朝起きたとき、夜寝る時に世界に向けてのヒーリングをしています。
瞑想も効果的なので時間を見つけてやりたいと思います。
時間を越えてのヒーリングも可能なのでハト吉やちーたん、チコリさん家のちーたんにもやってみますね(*^^*)

なるべくなら明るく穏やかな気持ちで生活したいですから、私にはレイキは必要だったと思います。
またご報告しますね!


>みょれさん

正直、今までも興味はあっていろんなブログやHPで見たりはしていましたが半信半疑でした。
遠隔ヒーリングとか怪しいよな~と思っていました。
今回自分でアチューメントを受けてみて普通では感じない感覚があったり、先生である七音さんの手からすごい熱を感じたりすると見えないエネルギーの存在がなんとなくですが信じられました。
目に見えない力、癒しの能力みたいなものは実は誰でも持っているんじゃないかという気はしていましたが、
レイキのアチューメントを受けることでそのエネルギーを太くする?みたいな感じでしょうか。
私自身は手の平が温かくなって、冷え性がすっかり治ってしまいました。

動物は人よりずっと自然に近く、感覚が鋭いので効果も出やすいかなと思いますし、
仕事の延長で使いながらレイキを感じられるようになればいいなと思っています。
まずは身近なさくらを癒すことからですね(*^^*)


お忙しい中、お返事ありがとうございました。

時を越えてのヒーリング素敵ですね!楽しみにしています。

先生の多角的な治療によって、さくらちゃんが安らかに余生をすごせるよう心よりお祈りしています。

you have a great blog here! would you like to make some invite posts on my blog?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1657292/47288144

この記事へのトラックバック一覧です: レイキマスターになりました:

« もうすぐ1ヶ月 | トップページ | さくら、虹の橋へ・・・ »

フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ