« 別れのレッスン | トップページ | 酵素はじめました! »

2012年8月 2日 (木)

ちーたんへ

ちーたんが虹の橋に旅立って早いものでもう1週間が過ぎました。

写真を見てはちーたんのことを思い出すのですが意外にも元気だったときのことばかり。
たくさんの中の1匹だったけど、いつも静かで大人しい子だったけど・・・

やっぱりその存在は大きかったです。

ちーたん、ちーたん、

2002

仕事で忙しい私の代わりに捨てられた子猫たちのお世話をしてくれたね。

ちーたんのお陰で子猫たちも安心していられたし、私もとっても助かったよ。

037

バジルは売れ残っちゃったけど・・・

Photo

ちーたんのお世話になった子猫、数えたらどれくらいいるだろうね。

2001

日向ぼっこも大好きだった。

2009

一番仲良しだったマーヤ。女の子同士いつもくっついていたね。

2003

こんなワイルドちーたんの写真もあったよ!

Img_3780

この時は何を訴えていたのかな~?

20050419_pict0003

いつも穏やかで優しかったちーたん・・・

いなくなってとっても寂しいけど

ちーたんを思い出すと温かい気持ちになれます。

12年間たくさんの幸せをありがとう。

« 別れのレッスン | トップページ | 酵素はじめました! »

別れの時に・・・」カテゴリの記事

コメント

はっちさんがちーたんの元気だったときばかりを思い出すの、分かる気がします。
私はチョロの時もクロの時も、すごくいっぱいいっぱい泣いたけど、お見送りしてから時間が経てば経つほど、
一緒に過ごした長い時間を思い出して、過去の写真振り返って、何故か気持ちが穏やかになりました。
自分で言うのもおかしな話ですが、精一杯愛情注いで、やれることやって、人生を全うしたんだと思えたからだと
思います。
正直チョロの最期は、クロの時と違って、生まれ持った病気(巨大結腸症)と甲状腺機能亢進症で、
病院ばかりで、治療ばかりで、辛い思いをいっぱいさせてしまった部分もあります。
でも、何度も大きな壁を乗り越えたチョロは生きたかったんだ思って、今は後悔はしていません。
家族が泣いて辛い顔してたら、クロもチョロも悲しむような気がしました。
はっちさんも、ちーたんが心配しないように、これからも頑張って下さいね。
ちーたんは間違いなく幸せでした・・・。

ちーたんのすてきな写真を見せていただけて、幸せな気分に慣れました~。
私は写真が下手で、数枚しかなくて、今頃後悔しています。

まだ心身共に、お疲れの時に申し訳ないのですが、伺いたいことがあります。
今日から、里親さんを探している子猫が二匹、我が家にトライに来ています。
ところが、次男がクシャミや咳が出始めてしまって。
軽い猫アレルギーで、なめられた場所がカユクなる程度だったのに。
受け入れは、厳しいでしょうか?
今まで、二匹の猫さんと暮らしていたのに、びっくりです。

>まゆみさん

精一杯愛情注いで、やれることやって、人生を全うしたんだと思えるとそんなに悲しみばかりではないですよね。
もちろん時間も必要な時がありますが。
それだけ動物たちが私たちに与えてくれた幸せは大きいと言うことですね。
ちーたんも頑張ったし、私も出来る限り傍にいて一緒に過ごせたと思うので私もあまり悔いはありません。
チョロちゃんだって病気で辛い時もあったでしょうがまゆみさんの支えがあったからきっと幸せな猫生だったはず。
お互いに与えたり与えられたりで共に生きていたと感じます。
私もちーたんにもらった幸せをまた誰かに反して行けたらな~と思います。


>ゆみさん

元気な時はそんなに写真って撮らないんで意外と少ないんですが、ちーたんの思い出の写真です。

猫アレルギーの件ですが、一度猫がいなくなって再度猫と暮らし始めた時に症状が激しくなることはあるようです。
抗体がすでに出来ていて、あらたにアレルゲンである猫の毛などが入ったことで一気に症状がでているのかも。
一時的なものかもしれませんが、呼吸器症状には気をつけた方がいいです。
呼吸困難になったらいけないので。
対処法としてはマスク、うがい、手洗いですが症状が重いようなら一緒に暮らすのは難しいかもしれませんね。
とりあえずは部屋を分けてみてはいかがでしょうか?

お返事、ありがとうございます。
ちび子が亡くなってからも、黒丸と普通に暮らしているので、驚きました。

はっちさんのプログからくるねこ大和さんのプログへ、そこから「いつでも里親募集中」
を見てトライすることになりました。
ちび子が逝ってから五ヶ月たち、縁があればと思えるようになったので。
今いる黒丸が受け入れてくれ、アレルギーが治まることを願っています。

はじめまして。
ある方のTwitterのリンクからたどりつきました。
4年前に口腔内扁平上皮癌で虹の橋をわたった「ちったん」という白猫が、私の運命の猫です。
まるで、私たち家族がちったんの死を受け入れられるようになるときまで、待ってくれていたように頑張ってくれました。
ハト吉くんの症状、ちーたんという名前、なんだか人事とは思えなくて、つい書き込みさせていただきました。
私は4年たった今でも、まだちったんの闘病中の写真を見ることができなくて。
いつかはこちらのブログのように闘病記としてブログアップして、同じ病気で苦しんでおられる方の参考になればとは思っているのですが。。

こんばんは。

ちーたんのお写真一杯ありがとうございます。
ちょこちょこと保存させて頂いてますよ。
子守をしているちーたん、ワイルドなちーたんwww。
黒猫さんは本当に優しくて面倒見がいいですよね♪
我が家の今は亡き黒猫2コンビも本当に新入り猫ちゃんの面倒見が良かったです。
特にちーたんにそっくりだったホソミちゃん(細かったから…)は誰とでも仲良くできる
本当に手の掛からないよい子でした。
それだけに、FIPで発病から1週間であっけなく逝ってしまったあの子の事は
今だに夢の中の出来事のようです。

アマちゃん、ちょっとしんどくなってきました。
日ごとに飲み込める量が減ってきました。
もう、無理に飲ませず、その時に飲めるだけ飲ませて
後は楽に過ごして欲しいです。
サプリもお薬も嫌がるので止めています…。

膿の量がハンパないです…。
せっせとよだれ掛け(エプロン)を手洗いしております…(/_;)
口腔内扁平上皮癌の恐ろしさを実感しています。

ちーたんの素敵なお写真ありがとうございます

ちーたん本当に優しいねこさんだったのですね
仔猫さんを抱きしめるちーたんの愛しそうなお顔に優しさが表れています

2枚目のお写真は先日旅立ったキジトラの子と数年前旅立った黒猫の子にそっくりで驚きました
二人が仲良く一緒に寝ていた幸せな日々を思い出してまた胸が熱くなりました

わたしもゆりっちさまと同様まだ我が子の写真を振り返ることが出来ずにいます

もうすぐ初盆
優しく迎えようと思います
ちーたんもハト吉さんと一緒にはっちさんのお傍に還って来られますね(*^-^*)

>ゆみさん

今までよりひどい症状になっているのは猫が増えたことによるものか毛質によるものかもしれませんね。
毛が抜け変わる時期や花粉症の時期にはアレルギーがひどくなりやすいので猫ちゃんをマメにブラッシング、タオルで拭くなどしてみたら少しは改善されるかも・・・?
私も猫アレルギーがあるんですがなぜか年々症状は軽くなっています。
うちの夫もひどい猫アレルギーでしたが、今はたまにくしゃみが出る程度です。
ただ、たくさんの猫がいる部屋に入るとくしゃみが出やすい気がします。
空気清浄機は効果ありますよ!

当ブログから「くるねこ」さんへ、そして子猫をトライしてくださったこと、本当に嬉しいです。
ちび子ちゃんのことで辛い思いをされたゆみさんが、また子猫を幸せにしてあげようという気持ちになれたこと。
猫とのお別れが辛い事ばかりではないと少しでも思って下さったからかな~なんて。
ちび子ちゃんからもらったたくさんの幸せを黒丸ちゃんにはもちろんですが、新しい子猫ちゃんにも分けてあげてくださいね。
トライが上手くいくことを心より願っています。


>ゆりっちさん

コメントありがとうございました。
ちったんちゃんもゆりっちさんと一緒にがんばったんですね。
闘病中は人と動物が本当に2人3脚(5脚?)で日々を送っている気がするので
ちったんちゃんはちゃんとゆりっちさんご家族にお別れの準備期間をくれて旅立ったんでしょうね。
とても優しい子だったんではと思います。

4年経っても写真をみれないという気持ちも分ります。
気持ちの整理にかかる時間も人それぞれですし、いろんなパターンがあっていいと思います。
私もハト吉のときはもっと悲しみが続くと思っていたのですが不思議と早く前向きな気持ちになれました。
書くことで気持ちの整理が出来る部分もあるかもしれません。
ゆりっちさんとちったんちゃんの闘病生活のこともいつか読めるといいなと思います。


>ポンスケさん

アマちゃんの様子がずっと気になっていました。
ここまでがんばったんですから欲しいだけ飲んでもらって、嫌がるサプリはやめていいと思います。
ハト吉も目の下が腫れていたのですが最後の方は目からにごった液体があふれ出てきました。
これは膿ではなくて腫瘍が大きくなると中心部から細胞が死ぬのでそれが分解されて排出されているのですが、
見えるほうの目から押すとドバッと出るのが見ていて辛かったです。
でも、出来ってしまったのか亡くなる前の2日間は腫れがなくなり、それまで2ヶ月以上何も食べなかったのに
ササミをゆでたものをパクパク食べて私を喜ばせてくれました。

アマちゃんはちーたんの闘病仲間ですからきっとびっくりするような力を秘めているはず!
今は辛い時期だと思うのでポンスケさんよろしくお願いしますね。


>かしさん

ありがとうございます。
ちーたんはとても面倒見がよくて優しい子でした。
若い頃の写真はどれも子猫がくっついている写真ばかりです。

かしさんもまだ気持ちの整理がついていない時期なんだと思います。
思い出すと辛い時期はやっぱりありますね。
ただ、私の環境は少し特殊で本当にたくさんの動物を見送るので他の方よりは
心に免疫が出来てるのかもしれません。

もうすぐお盆。
かしさんのところにも私のところにも還って来る子がいるのでしばらくの間は楽しんでいってもらいたいですね。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1657292/46551335

この記事へのトラックバック一覧です: ちーたんへ:

« 別れのレッスン | トップページ | 酵素はじめました! »

フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ