« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月29日 (火)

放射線治療2回目

 日曜日、15時から放射線治療を予約していました。

 麻酔をかけるため絶食指示ですが、8時間以上あるため朝はa/d缶をドロドロに溶いた物を

 大匙2杯くらい与えました。

 (私は獣医師なので独自の判断でやってますが本来は指示通りにしないといけません)

 血管に留置針を入れて、朝から点滴も始めました。

 血液検査では前回33%だった赤血球容積が26%に下がっていて(貧血がすすんでいるということ)少し気になりました。

 

 午前中に里親探し中の猫ちゃんを里親さん宅にお届けし、13時前に家を出ました。

 ち-たんは道中、1回目の時より元気がない感じがしました。

 貧血で少ししんどいのかもしれません。

 治療についてはするかしないか迷っていたので病院で先生と相談して決めようと思っていました。

 病院に到着し、しばらく待っていたら順番となりました。

 血液検査の結果を見せると担当の先生も「貧血がきになりますね」と言われました。

 治療効果については1回当てただけで腫瘍が小さくなることはないので、

 今回小さくなったのは放射線で炎症が治まったのではないかとの事でした。

 

 私が気になるのは放射線で緩和治療をする場合、週に1回の照射を4回すると1ヵ月、

 副作用が出るとしたら治療終了間際から数週間続くと書いてあったのでそれで1ヵ月、

 6カ月後に生きてはいないのではと最初に言われたちーたんに

 2カ月以上も治療に費やす意味があるのか、ということでした。

 

 緩和ケアであれば痛みや腫れを取ることが目的になるので、

 現在は痛みもなく腫れも2日前から引いているのでこのまま様子をみてもいいのでは・・・、

 麻酔が怖いのもありますがついついそんな風に考えてしまいます。

 麻酔のリスクについてはPCV26%で手術だったらやらないと思うけれど、

 放射線についてはリスクが高い子も今までにもたくさんやって来ているのであまり心配はしていないとの事でした。

 効果については、もし1、2回の照射でやめるなら十分な効果が得られないと思うので

 麻酔のリスクとかかる費用を考えるやるかやらないかは難しい決断だと思う。

 ただ、1回照射よりは2回の方がより効果は高まる可能性はある。

 顔面の腫瘍の場合はやはり痛みが強く出たり、ご飯が食べにくくなったり、

 放っておいても悪くなるばかりの事が多いので放射線は緩和的な治療としても効果は感じられる、との答えでした。

 副作用についても局所的な治療なので口内炎で食べられなくなるとか、

 皮膚炎がひどくて痛みが出るようなきつい副作用は経験した事がないとの事でした。

 後は麻酔のリスクを理解したうえで、飼い主である私がどうするのか決めなければいけません。

 

 少し迷いましたがちーたんの生きる力を信じて治療をお願いしました。

 待っている間、いつになく胸騒ぎがして落ち着きませんでしたが1時間ぐらいで、

 無事麻酔から覚めましたと電話を頂きました。

 電話から1時間ぐらいして迎えに行くとちーたんは体温が下がったらしくまだ保温器の中でボンヤリしていました。

 治療費は31,500円でした。

 

 体温が低いので毛布にくるみ、抱っこしてずっと撫でていました。

 ちーたんもじっとして喉をゴロゴロ鳴らしていました。

 本当に通院にストレスがかからない子でよかったと思います。

 18時に帰宅し、室内けケージに入れて点滴を続けました。

 前回はすぐに丸くなって寝ていたのですが、

 今回は時々「ケプッ」としゃっくりみたいなのが出たり、

 からえづきをしたりして何だかしんどそうでした。

 食欲はあるみたいでみんなのご飯を用意していたら、ケージからヨタヨタ出てきていました。

 

 20時半になっても眼を開けたまま横になってじっとしていました。

 やっぱり「クプクプ」とか「ケプッ」という音が喉のあたりで何度かして、

 時々オエッと吐きそうにしたりしていました。

 触るとゴロゴロはいうものの、前回より明らかに回復が遅く

 このまま逝ってしまうのでは・・・

 と不安な夜を過ごしました。

 

 朝方になって漸くちーたんも目をつむり横になって寝始め、やれやれでした。

 今回の治療は時間は短かったのですが、貧血が進んでいるちーたんには

 麻酔が負担だったのではないかと思います。

 絶食も必要ですし、麻酔をかける度に体力が奪われるような気がしました。

 

 ちーたんの場合、放射線治療をすることで腫瘍がなくなるわけではないので

 これで放射線治療は最後にしようと思います。

 2回しか照射出来ませんでしたが炎症を抑える効果が出て、

 今より少しでも小さくなってくれたらいいなと思います。

 今日はみんなと一緒にご飯を食べに出てきてくれました。

 P5280036

 その他の時間は外(フェンスで囲ってある日向ぼっこスペース)に置いてある

 お気に入りのキャリーの中で1日中のんびり過ごしています。

 P5290049

 癌があってもいいんです。

 このまま進行せずにちーたんがずっと穏やかに過ごしていけたらいいなと思います。

 

↓↓がんばっているちーたんに応援お願いします

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
にほんブログ村

 

 

 

2012年5月27日 (日)

無事帰宅

 さっき、治療を終えて帰宅しました。

 とりあえず麻酔も処置も無事終わってホッとしています。

 今回は貧血が進んでいたので麻酔のリスクが少し高く心配しましたが、

 ちーたん頑張ってくれましたshine

 体温がけっこう下がっていたので、帰りはずっと膝に抱っこしていました。

 P5270039

 喉をゴロゴロ鳴らしてじっとしていました。

 ちゃんと分ってるんですね。

 無事で本当によかった(ρ_;)

 まだふらふらしているけど、帰ってみんなにご飯をあげていたら

 いつの間にかケージのドアまで出てきて「私のは?」って顔してました。

 もう安心かな(*^m^)

 治療の詳細はまた明日にでもアップします。

 

2012年5月26日 (土)

明日は2回目の放射線

 ここ数日やっぱり食欲が少し落ちているちーたんです。

 緩和ケアなのに麻酔をしてまで放射線治療をする意味あるのかと毎日考えていますが、

 答えがでないまま、明日は2回目の治療日です。

 午前中に里親探し中の猫ちゃんを里親さん宅にお届けし、

 午後から1時間半くらい離れた病院にちーたんを連れて行きます。

 ちーたんの腫瘍は最近押すとぷよぷよして少し柔らかくなっていたのですが、

 今朝皮膚が少し破れて(自壊)、中から粘液状の液が出てきました。

 ちょっと嫌がったのですが中に溜まっていた液を出来るだけ押し出しました。

 

 Sh3j05130001

 傷はちょっといたいたしいですが、ちょっとだけ腫れが引きました。

 少しスッキリしたかな?

 Sh3j05110001

 
 明日の治療が上手く行きますように~shine

↓↓頑張っているちーたんに応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
にほんブログ村

2012年5月24日 (木)

癌の進行

 放射線治療から2週間。

 本当は先週末に2回目の治療をしないといけなかったのですが、

 以前から友人と北海道旅行の計画をしていて迷ったのですが行ってきました。

 

 ハト吉の時はとにかく ず~っと つきっきりでしたが、結局くよくよ悩んだり考えたりするばかりで、

 精神的にも落ち込みがちだったのです。

 今回は長い治療に備えて自分自身の充電をすることに決めました。

 

 21日の夜遅くに帰宅したのですが、ちーたんは相変わらず食欲もあり元気に迎えてくれました。

 ただ、出発前から左目周辺がかなり腫れて、もう瞼が開かない状態だったのがさらにひどくなっている感じです。

 その後も腫れが徐々に進んでいるようで、昨日くらいから左目から膿のようなものが出たりしています。

 ちーたんも気にして手でこすったりしているよう。

 目頭の皮膚が少し赤くなって痛そうなので眼軟こうをぬってみました。

 

 顔面や口の腫瘍が他の場所の腫瘍よりも辛いのは、見た目の変化が大きい事じゃないかと思います。

 少し腫れただけでもすごく痛々しい感じになってしまうので「もうダメかも~」と気持ちが焦ります。

 ついついネガティブな思考になりがちな自分を叱咤激励しています。

 ちーたん自身はいつも通り過ごしているというのに、パートナーの私が落ち込んでいる場合ではありませんよね。

 放射線について調べると副作用とか心配なこともたくさんありますが、

 きっと良くなる!

 と信じて治療に臨もうと思います。

 

 27日に2回目の放射線を受ける予定ですが、昨日から少し食欲が落ちてきました。

 今日は半分くらいしか自力で食べないので指につけて鼻先に持って行ってます。

 時間はかかるけどそうすると食べてくれるのでまだ安心かな。

 腫れが右目の方にまで拡がらないよう祈る気持ちです。

 Sh3j05071


 もうちょっとだけ頑張ろう、ちーたん!!

 

↓↓頑張っているちーたんに応援お願いします

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
にほんブログ村

 

 

2012年5月13日 (日)

今日のちーたん

 昨日は麻酔後のちーたんが心配なので病院に泊まりました。

 心配した夫も一緒に泊まってくれたのですが、いつも私が泊まってもコタツで寝ているちーたんが昨日は私たちの間で丸くなって寝てくれました♪

 今までは食事時くらいしか姿を見ないような猫ちゃんだったのに、発作が起きてからは何かが変わったのか鳴きながら後を付いて回ったり、なんだか人恋しくなったみたいです。

 今日も朝からウロウロ歩きまわり、ご飯も待ちきれない感じで食べてくれました。

 午前中はケージ内で点滴をしていたのですが、外してあげようと昼前に行ってみたら中で丸くなってグーグー寝ていました。

 治療がお互いにストレスなく出来て本当に助かります(o^-^o)

 P5110047

 これはCT検査に行く前の写真です。

 こんな穏やかな日が一日でも長く続いてくれるよう願ってやみません。

↓↓がんばってるちーたんに応援お願いします

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
にほんブログ村

2012年5月12日 (土)

ちーたん、CT&放射線治療

 今日は午前の仕事を終え、慌ただしくちーたんのCT撮影に向かいました。

 午前中の仕事があまりにも忙しく、ちーたんとゆっくり過ごす事が出来ないままでした。 

 道中、ちーたんは横になってウトウトしているようでした。発作もその後出ていないので意外にもドライブ好き?

 病院に到着後、1時間ほど待合室で待っていましたが、その間もキャリーの中で丸くなって寝ていました。

 ちーたん、本当に手のかからないいい子です。

 こんなになるまで放って置くなんてひどい飼い主だと反省するばかりです(u_u。)

 CT検査は麻酔をかけて頭から胸部までの単純撮影と造影剤を入れての頭部撮影をしました。

 ちーたんはすでにかなり骨融解(癌により骨が溶けている状態)が進んでいました。

 発作が起きたので癌が脳にまで拡がっているのではと心配していましたが、幸いまだ脳には浸潤していませんでした。

 検査中に先生と今後の治療について相談しました。

 私自身は癌の3大療法(手術、抗癌剤、放射線療法)に抵抗が大きいのですが、放射線治療をすれば症状が改善されてQOL(生活の質)が上がる可能性が高いと言われました。

 副作用についても脱毛や一時的な口内炎はあるかもしれないけれど、経験上はほとんど問題ないとの事でした。

 このまま放っておけばどんどん悪くなる、とも言われました。

 今までいわゆる代替医療を選択してきましたが、正直効果が感じられなかったこともあり、今回は放射線治療を選択しました。

 

 CT検査後、すぐに放射線の照射が行われました。

 ちーたんの場合、すでに骨が溶ける状態のため通常の照射(週3回照射をトータル10回)で完治を目指すのは無理なので、緩和照射(症状を抑えるために週1回照射を3~4回)を勧められました。

 通常は4Glyくらいで行う所を8Glyと高線量で行うことになりました。

 時間的には2回に分けて15分くらいだったでしょうか、麻酔も安定して無事治療を終える事が出来ました。

 

 覚醒も比較的スムーズだったので1時間後くらいに連れて帰る事が出来ました。

 とにかく、麻酔が大丈夫かが心配だったので無事でいてくれてホッとしています。

 まだ点滴中ですが、すでにご飯を要求しています(*^m^)

 頑張ったね、ちーたん!

 

 Photo

 ちーたんが少しでも長く快適に過ごせるように、少しでも長く一緒にいられるように私も頑張らねば!!

↓↓頑張ってるちーたんに応援お願いします

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
にほんブログ村

 

2012年5月11日 (金)

ちーたんの検査

 昨日、予定通りちーたんを癌専門医の先生の所へ検査のために連れて行きました。

 

 朝はまだ自力で立てなかったのですが昼ごろにはヨロヨロと歩けるようになっていました。

 食欲あるようでしたが絶食を指示されているのと前日何度も吐いているので我慢。

 およそ1時間半の道のりでしたが、道中キャリーの中で横になってウトウト寝ていました。

 もともと大人しい猫ですが発作の後遺症もあり少しボーっとしていたので良かった・・・かな。

 診察して頂いた結果、鼻腔内の腫瘍が大きくなって外に出てきたのではないかとの事でした。

 多いのは鼻腔腺癌かリンパ腫ですが、皮脂腺癌も結構あるそうです。

 発作を起こしたことを考えれば癌が脳に浸潤している可能性もあると言われました。

 

 ずっと慢性鼻炎だと思っていましたが、それも癌のせいだったのかも・・・。

 犬の場合は鼻出血が多いようですが猫ではくしゃみや鼻水だけの事もあるそうです。

 ここ数ヶ月は抗生物質を飲ませてもあまり鼻汁が治まらなかったのは腫瘍だったからなのかもしれません。

 

 慢性鼻炎だとばかり思っていてこんな事になってごめんねちーたん(ノ_-。)

 詳しくは検査をして見ないと分らないので一通りの検査をするかどうか聞かれました。

 全身の基本検査(血液検査、レントゲン、超音波)+癌の病理検査で4万円。

 CTを入れるとおよそ8万円くらいになりそうで、さすがに「どうしようsweat01」と悩みました。

 CTは麻酔をかける不安もあり、とりあえず基本検査と病理検査をお願いしました。

 私が獣医師なので特別に検査を見学させて頂きましたが、スタッフも多く、テキパキと検査が進んでいきました。

 ちーたんは採血と病理検査の採材で腫瘍を針で刺される時にかなり抵抗して暴れました。

 およそ1時間くらいかかったと思いますが、終り頃には疲れたのかちょっとぐったりしていました。

 さらに1時間ほど待てばCTも撮れる事になったのですが、何かあったらと思うと心の準備が出来ず次回撮る事にして頂きました。

 帰りの道中、ちーたんはうずくまって静かにじっとしてました。

 きっと疲れたんだと思います。

 我が家に着くとみんながゾロゾロと匂いを嗅ぎにやってきました。

 ちーたんはけっこう元気に歩き回り、ご飯を催促してニャーニャー鳴きました。

 絶食後なので少量と思ってあげた缶詰をペロリと平らげ、「もっと欲しい」と付いてまわるので追加であげたご飯を一心不乱に食べるちーたんです。

 P5100049

 これもペロリと平らげ、まだ欲しがるので部屋に入れてなでていたら座椅子の上で寝始めました。

 良くなれ~、良くなれ~と念じながらちょっとだけヒーリング。

 しばらくして部屋に行くとちーたんがいない!!

 もしかして、とコタツをめくると、

 P5100055

 いつものようにコタツに入ってました(*^m^)

 まだまだちーたんは頑張ります!

↓↓頑張っているちーたんに応援お願いします

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
にほんブログ村

 

 

2012年5月10日 (木)

急変

 *ちーたんのお顔の写真があります。左目が腫れて痛々しいので苦手な方はご注意下さいね。

 昨日、朝からニャーニャー大きな声で鳴き(普段はほとんど鳴きません)、足元でスリスリ甘えてきてご機嫌だったちーたんですが・・・、

 実は発作を起こしていたようです。

 体が少しオシッコ臭いので寝ていた場所を見るとオシッコをしていました。

 今までトイレを失敗した事がないのでおかしいなとは思ったのですがあまり気にしていませんでした。

 その後もご飯の途中でオシッコをもらした様子があり、お気に入りのキャリーの中でもまた寝たままオシッコをしていました。

 

 気が付いたのは10時ごろ。

 ガタンガタンと部屋の方で音がするので見に行くとちーたんが倒れて痙攣していました!!(゚ロ゚屮)屮

 発作は直ぐに治まりましたが、その後大きな声でニャーニャー鳴きながらウロウロ。

 朝からのオシッコもきっと発作の時に出たんだと思いました。

 その後も夕方までに2回ほど発作が起き、夕食後は短い発作が繰り返しでたので鎮痙剤を飲ませました。

 それからしばらくしても発作が落ち着かないので今度は鎮静剤を静脈から入れました。

 薬が効いて発作は治まりましたが、自力で立つことも出来ないのでコタツの掛け布団を支えに座らせてあげました。

 「大丈夫、大丈夫」とちーたんに話しかけながらレイキヒーリングもしました。

 

 薬が効いてボーっとしているちーたんです。

 P5090043_3

 いつもなでるとグルグル喉を鳴らして喜んでくれるのに、無反応。

 辛いです(ρ_;)

 お顔もこんなに腫れてしまいました。

 P5090042_3

 緑の瞳がとってもきれいな猫なんですよ、本当は。

 発作が起きたという事は脳への転移、または脳腫瘍の可能性もあります。

 翌日、外科手術で取れるかを専門医の先生に診て頂く予定だったのですが予後があまりよくなさそうでさすがに落ち込みました。

2012年5月 2日 (水)

ちーたんの癌

 病院猫のちーたんですが、4月初め急に左上眼瞼が腫れ、その後、

 あっという間に額の真ん中がタンコブみたいに膨れてしまいました。

 もともと鼻炎がひどく、最近では抗生物質を飲ませても

 ずっとくしゃみと青っぽい鼻汁がとまらないので蓄膿症かとも思っていました。

 急激にコブ状になったので膿が溜まってるんだろうと4月末に穿刺したのですが、

 膿ではないようだったので腫瘍の検査のため細胞診に出していました。

 *細胞診とは腫瘤を針で刺し、採れた細胞を染色して腫瘍細胞がないかなどを調べる検査

 

 今日、その結果が返ってきました。

 

 結果は高度な炎症を伴った皮脂腺癌が疑われるというものでした。

 

 「猫の腫瘍」で皮脂腺癌を調べてみると、

 これらの腫瘍は老猫でみられる。これらの腫瘍のおよそ40%は頭部や頸部に起こり、およそ25%は肢や胸部に発生する。初回の手術で広くマージンを取ることが重要で転移や再発率については情報が少ない。

 との記述しかなく、稀な腫瘍のようです。

 

 細胞診では確定診断は出来ないので、外科的に切除して病理検査に出すのが一番いいのでしょうが、

 ちーたんの場合左目の上瞼から始まっているので完全切除は難しそうです。

 

 ハト吉の時はとにかくあたふたしましたが、今はがん治療についての知識も増えているし、

 今後の経過についても経験上ある程度予測がたつので、よく考えた上で、

 ちーたんにとって最善の方法を選びたいと思います。

 

 ちーたん、今の所は食欲も旺盛で変わりなく過ごしています(^‐^)v

 

 ~ちーたんについて~

 ブログ「猫の贈り物」の猫紹介で簡単に紹介していますが、ちーたんは子猫の時から体が小さく、

 運動障害(歩く時、同じ側の前足と後ろ足が一緒に動くのでヨタヨタした歩き方になります)があります。

 動きがぎこちなく、段差を登るのも苦手です。

 真っ黒ばかり5匹の猫が近所で捨てられていて、保健所に連れて行くというので私が引き取りました。

 他の兄弟猫は里親を探しましたが、ちーたんは他の猫の半分の大きさで障害があり、

 風邪も患っていたので長生きできないだろうと考えうちに残しました。

 2000年生まれの12才。

 最近はめっきり痩せて体重も2.1kgくらいになってしまいました。

 数年前から持病の鼻炎がひどくなり、常にくしゃみや鼻水が出ている状態です。

 何度か全身状態が悪くなり、その度に命の危機を脱してきたので生命力は意外とあるのかな?

 子猫の時から大人しくて、ほぼ一日中寝ているような猫ちゃんです。

 

 

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ