« 癌の治療 | トップページ | 術後の経過(1/14~1/17) »

2012年4月 1日 (日)

術後の経過(1/13)

 手術時は血圧も下がり、一時はダメかと思ったハト吉ですが麻酔が覚めてからはすっかり元気を取り戻したようでした。

 1泊して翌朝帰る予定だったのですが、少しでも早く家に連れて帰りたかったので先生と相談の上、最終の列車で帰る事にしました。

 バタバタと退院準備をして20:35の列車に乗りました。

 ずっと我慢していたようでキャリーの中でおしっこをしてしまったので、乗車前にペットシーツを変えて家路につきました。

 手術後にもかかわらず車中でやっぱりハト吉は2時間鳴き続けでした。

 帰宅してキャリーを開けるといつものように「モ~ン、モ~ン」と鳴いてご飯を催促。

 しっかりご飯も食べてくれたのでホッと一安心したのもつかの間、

 ハト吉を見ると何だか上半身がむくんでいるような・・・?

 触るとプチプチと空気が潰れるような音と触感が!!

 

 皮下気腫(皮下組織に呼吸した空気がどこかから漏れている状態)を起こしているのです!!

 皮下だけでなく胸の中で空気漏れが起こると死んでしまうかもしれないのですぐに先生に電話して状態を告げました。

 以前にもワンちゃんで気管チューブを入れる際に気管を傷つけたのか同じようになった子がいるらしく、3日くらいで良くなったとの事。

 チューブは学生さんが入れたので運悪く傷つけてしまったのか・・・。

 今回の手術はとにかく予想外のアクシデントの連続でした。

 とにかくその夜は「もしも」に備えて一睡もできませんでした。

がんばったハト吉を応援して下さい。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

« 癌の治療 | トップページ | 術後の経過(1/14~1/17) »

ハト吉看病日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1657292/44717354

この記事へのトラックバック一覧です: 術後の経過(1/13):

« 癌の治療 | トップページ | 術後の経過(1/14~1/17) »

フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ