« 癌の最期 | トップページ | 始まりは口の異常 »

2012年3月13日 (火)

ブログについて

 このブログは愛猫ハト吉の癌闘病記録です。

 

 病名は口腔内扁平上皮癌。

 

 約7カ月の闘病生活でした。

 2011年7月16日早朝、ハト吉は虹の橋に旅立ちました。

 

 

 私は獣医師です。

 癌の治療については随分悩みました。

 

 何を選択するか、どこまでやるか・・・。

 完治が難しい癌の場合、情報や知識がたくさんあればあるだけ迷う事もあります。

 

 外科手術、抗癌剤、放射線治療、免疫療法、東洋医学、ホリスティックケア・・・などなど。

 

 どれを選択するのが正しいのか、どうすれば治るのか。

 悩みはつきませんでした。

 

 そして、自分で治療を選択する事の難しさを身にしみて感じました。

 

 ハト吉の闘病中、何より辛かったのが悩みを相談する相手がいないと言う事でした。

 獣医師だからと家族からも治療やお世話の全てを任されていました。

 治療に迷った時も結局自分で決めるしかなく、悪くなっていくハト吉を前に右往左往しました。

 嫌がる治療も毎日しなければならず、大好きなハト吉が私を見ると逃げようとする辛い時期もありました。

 それでも7カ月、病気のハト吉と笑ったり泣いたりしながら過ごした日々は宝物のように大切な日々です。

 

 このブログはハト吉が旅立った日に始めました。

 

 私たちの闘病の経験が病気の猫ちゃんを抱えて悩んだり迷ったりしている方たちの参考に少しでもなれば、そして、ハト吉と過ごした日々の楽しかった事も苦しかったことも大切な思い出として記録したいという思いでした。

 

 闘病記は思い出すと辛い事もあり、なかなか書くことが出来ずに時間が経ってしまいました。

 今でも思い出すと胸が痛くなることもありますが、少しずつですが書いていこうと思います。

 

 私がもらったたくさんのハト吉からの贈り物。

 どうか皆さんと大切な猫ちゃんとの幸せな時間が長く長く続きますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 癌の最期 | トップページ | 始まりは口の異常 »

はじめに」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!初めまして!
ブログ読ませていただきました。
獣医師さんなんですね。
私も動物看護士をやっていたこともあって、相談相手がいないということはよく分かります。
私もいま、同じような状況です・・・。
確定診断はしていないため、腫瘍なのか?鼻炎なのかわからないためにどこまで治療すればいいのかわからない・・・。
病院に連れて行く、薬を飲ませるなど、猫にとっては嫌なことばかりで、私を見ては逃げ・・・
それでも状態が改善すればいいのですが、緩やかに悪化していってます。
ホリスティック的なことも考えましたが、診断がないと出来ないと言われました。当たり前ですよね。
今後は、猫の希望通りに病院は最低限にしようか、悩んでいます。

ニコさんはじめまして。
お気持ちすごくよく分かります。
嫌がる事はしたくないけど悪化していくのをただ見ている事も出来ず、私も苦しい日々でした。
どうするのがよかったのか今でも答えは見つかっていません。
完治するならどんな治療も頑張れるのですが、先が分からないのが一番不安でした。
ただ、私の経験からすると診断ははっきりした方が治療を考える上ではいいかなと思います。
私も真実を知るのが怖いというのと口の癌だったら助からないという思い込みがあって診断を遅らせてしましました。
それで、進行していなければもう少し治療効果があったのかもと悩む結果にもなりました。
もし癌ならば進行すると辛い状況になるかもしれません。
呼吸が苦しかったり、痛みが出たりすると「やっぱり手術すればよかったかな」とか思ってしまうかも・・・。
どの治療を選んでも選んだその時には結果が分からないから不安や迷いがあるのは当たり前なんですよね。
よく考えた上で選んだらそれがベストだと信じて下さい。
パートーナーであるニコさんの元気が一番の薬かもしれませんよ。
(私もそんな事をアニマルコミュニケーターの方に言われました)

診断するにも7~10万ほどかかると言われました。
金銭的にもキツイものがあり、麻酔の負担をかけてまでする必要はあるのか?と思いました。
不思議と真実を知るのが怖いという気持ちはありません。
覚悟も出来ています。
たとえ、手術したとしても、悪性なら再発しますよね?(>_<)
少しだけ、大学病院で働いていたこともあり、積極的すぎる治療に疑問を感じたこともあります・・・。
もし、ガンだとして、抗がん剤・放射線を選択する気持ちは全くないんです。
ただ、腫瘍なのか?鼻炎なのか?
診断していない分、治療の選択が難しいのが辛いです。
私が一番ふさぎこんでしまって、花には本当に申し訳ないです。。。

治療費も大きな問題ですよね・・・。
私も最初の診断に5万円、手術の時は7万円かかりました。
大学なので個人病院よりは少し安いですが交通費も入れると負担は大きかったです。
麻酔も年齢的には命の危険もあるから心配ですよね。
私もニコさんと同じで絶対に治るという確信がない限り抗癌剤や放射線治療はしたくないです。
花ちゃんの場合、鼻炎であれば抗生剤で多少の改善はみられるかなと思うので腫瘍の可能性が高いかもしれませんね。
癌でも鼻炎でも免疫を高めることはプラスになると思うので食事とかサプリメントとか在宅で出来る事をしてあげるのもいいのではないかと思います。
花ちゃんのためにも一緒に過ごす時間が少しでも楽しいものになりますように(*^_^*)

やはりガンの可能性高いですよね。。。
でも、担当の医師は、「ガンにしても鼻炎にしても不思議」って言ってました。
「ガンの感じはしないし、ただの鼻炎にしてはおかしい・・・。副鼻腔炎だと思うんですけど」って言います。
今、一週間効く抗生剤入れています。(名前忘れました)
で、少しマシ?なのか、いびきのような音が減りました。
多少は反応してるのかもしれないですが、期待するような効果がありません。
何度か快方には向かったんですけど・・・素人目でも、ただの鼻炎ではないと思います。

1週間効く注射はコンベニア(確か2週間効くはずです)でしょうか?
副鼻腔炎で慢性になっていたら抗生剤の投与だけでは治りにくい事もあるだろうと思います。
後は、クリプトコッカスなどの真菌が原因だったり、クラミジアが原因だったりする場合は抗生剤が効かないかもしれませんね。
鼻汁が出ているなら培養してみるのもいいかも(もうしてるかもしれませんが)?
鼻腔内腫瘍だと鼻が腫れそうですが、ハト吉も外見上、鼻が腫れている感じはありませんでした。
ただ、口の中を見ると上口蓋がポコッと腫れていました(写真があればまたアップします)。
花ちゃんは口の中は異常ないですか?
抗生剤がしっかり効いてくれれば鼻炎の可能性が高いから安心ですね。

https://www.youtube.com/watch?v=ghU-Lme8o8Q

つかれたときに

きいたことあったらすいません

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1657292/44477366

この記事へのトラックバック一覧です: ブログについて:

« 癌の最期 | トップページ | 始まりは口の異常 »

フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ