« 癌の経過② | トップページ | 術後の経過(1/13) »

2012年3月19日 (月)

癌の治療

 1月13日は始発の列車で鳥取に向かいました。
 ハト吉はやっぱりキャリーの中で鳴き続けました。敷いてある毛布を噛みちぎったりするので人目を忍んで少しドアを開けなでてやったりしながらの2時間でした(^-^;

 大学到着は8:30。
 9:00少し前にO先生が来られたので診察してもらいました。

 先生「だいぶ大きくなってるね。このままだと食べられなくなるし痛みも出てくるだろうから取  れるだけ取って、その後局所の抗がん剤と温熱療法で残った癌細胞をたたくのがいいと思う。」
 私 「抗がん剤は副作用が心配なんで出来れば使いたくないんですけど・・・。」
 先生「局所投与だと全身には影響ないから副作用も今までほとんどないし、すぐにご飯も 食べる子が多いよ。温熱だけよりも効果が高いと思う。」
 私 「今は食欲もあって元気なんであまり負担にならない方がいいです」
 先生「今までやってきた例では翌日から普通にご飯も食べるから負担はあまりないと思うよ。」
 私 「それならお願いします。どれくらいの間隔で治療が必要ですか?」
 先生「最初は1週間間隔で4回、次に2週間間隔で2回、その後は月に1回で4回。これで6カ月は延命出来る。口腔内扁平上皮癌で6カ月もったらすごいよ。」

 6か月。
 たった6カ月・・・。

 頭では治療と治療結果の事が理解出来ているのに、心では「そんなの短すぎる」とショックでした。

 その時、私は「口腔内腫瘍で取りきれない場合の予後が悪い事は分かっていたけど、治療する側からされる側に立場が変わるだけでこんなにも「6カ月」に対する印象が違うんだ」と漠然と感じていました。

 6カ月 から 6カ月しか への変化。

 きっとハト吉が癌にならなかったら気付かなかったことでしょう。

 ハト吉の治療は再度CTを撮り腫瘍がどの程度拡がっているかを確認することから始めます。
 手術は超音波吸引器(腫瘍を超音波で液状化して吸引除去する機械。出血も少なく安全な処置が出来る)で出来る限り腫瘍を吸い取り、その後、抗がん剤を周囲に注射して鼻腔内の腫瘍や取り残した腫瘍細胞を高い熱をかけてやっつけるという段取りになりました。

 予定では午前中に始められるはずでしたが、急な診察が入ったため午後からの処置となってしまいました。
 ハト吉を入院ケージに預け、手術までの時間をつぶさなければなりません。
 何を見ても何をしていても考えるのはハト吉の事ばかり。

 「どうか手術がうまく行きますように。そして癌が全部取り切れますように。」

 祈るのはただそれだけです。
 藁にもすがる思い・・・そんな気持ちになったのは人生で初めてでした。

 午後1時、検査開始。
 麻酔をかけた所、急に血圧が下がりました。昇圧剤を入れ血圧を維持しながらCT撮影。
 結果、腫瘍が右目の裏まで入り、右だけではなく左の鼻腔にも拡がっている事が分かりました。
 おそらく取り切れないので温熱で鼻腔内の腫瘍をしっかりたたかなければなりません。

 検査後すぐに手術の段取りでしたが、診察がまた入り長引いているらしくなかなか先生が来ないので正直イライラしました。
 血圧が下がっているので麻酔時間を極力減らしたいのに・・・。

 結局30分くらい待って手術開始。

 ここでまた超音波吸引器が動かないというトラブル。
 とりあえず通常の方法で手術を進めましたが私はもう泣きたいような気持でした。
 器械を調整しているとやっと動き始めたのでそこからは腫瘍を順調に吸引し、手術自体は30分程で終わりました。

 次は温熱療法です。
 抗がん剤を鼻腔内と周辺の組織に注射し、癌細胞は死ぬけれど正常細胞は大丈夫な45℃以上の熱をかけていきます。
 大体48℃くらいになるように30分くらいかけて組織を温めました。

 処置が終わったのは午後3時半くらい。
 2時間半も麻酔がかかっていたためハト吉の負担は大きかったようで麻酔を切っても血圧は上がらず心拍数も80と下がっていました。
 自力で呼吸もしていないため人工呼吸をしながら麻酔が覚めるのを待ちました。
 今まで麻酔でこんなに弱った事はなかったので「このまま死んでしまったらどうしよう」という不安で胸が張り裂けそうでした。
 手を握り、心の中で一生懸命「ハト吉頑張れ、頑張れ」と呼びかけました。
 その思いが通じたのか徐々に自発呼吸が戻り、通常より時間はかかりましたが順調に麻酔から目覚めてくれました。

 入院ケージに戻されたハト吉はしばらくふらふらしていましたがそのうち元気な声で鳴き始めました。
 担当の学生さんがケージの前に座り様子を見ていてくれたので「ありがとう」と声をかけると「かわいい子ですね」と言ってくれたのが本当に嬉しかったです。

 私がいると出たがって暴れるのでハト吉のことはお任せして少し外を歩きました。
 雪が積もっていますがさわやかな青空が広がっていたのを覚えています。

 無事終わってよかった。

 心からホッとしました。

 

 ポチっとお願いします

 にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
にほんブログ村

« 癌の経過② | トップページ | 術後の経過(1/13) »

ハト吉看病日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1657292/44551576

この記事へのトラックバック一覧です: 癌の治療:

« 癌の経過② | トップページ | 術後の経過(1/13) »

フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ