トップページ | 2012年3月 »

2011年7月

2011年7月18日 (月)

癌の最期

ハト吉が癌と分かった時、獣医師でありながら私は「ハト吉は痛みで苦しい最期を迎えるに違いない」と半ばパニックになっていました。
 何か救いはないかと必死でネット検索をし、同じ病気の猫ちゃんの闘病ブログを見たりしました。
 でも、ハト吉を治す有効な治療は見つからず、闘病中の猫ちゃん達の辛い現実を知っただけでした。

 この頃私が一番辛かった事、それは「ハト吉が苦しんで死ぬのではないか」と想像する事でした。

 でも、今なら言えます・・・「心配しないで大丈夫」

 癌だから痛みに苦しむとは限らないし、苦しい最期を迎えるとも限りません。
 もちろんハト吉もご飯が食べられずガリガリに痩せてしまいました。そんな姿を見るのは辛かったのも事実です。
 それでもハト吉は生きている事をを楽しんでいました。
 ご飯は食べられなかったけど、病気になってから外でお散歩する楽しみが出来ました。母の家庭菜園で半日以上のんびり過ごす事もありました。私と一緒に近所を1周した夜もありました。みんなに甘えてスリスリし、今まで以上に可愛がってもらいました。最期の最期まで人と一緒にいる事を望み、私も全ての時間をハト吉に注ぐ事が出来ました。
 
 癌の最期は決して苦しいだけではないのです。
 闘病生活を少しでも楽しめるようにしてあげられるのは、そして、よりよい最期を迎えられるようにしてあげられるのは飼い主さんだけなのです。
 
 もし、闘病中の猫ちゃんを抱えて苦しんでいる人がいたら「大丈夫。心配しないで。」と伝えたい・・・。

2011年7月17日 (日)

お別れ

今日も快晴でした。

朝、飾っていた花をハト吉の周りにたくさん入れてあげました。まるでお花畑の中で寝ているよう。
最期のお別れをしていつものドライフードとささみを道中のお弁当に持たせてやり火葬場に向かいました。

9:30・・・母、妹、夫と4人でお見送り。
ハト吉、今までたくさんの幸せを本当にありがとう・・・。

11:30、小さなお骨になったハト吉と一緒に帰宅。
実家の私の部屋に安置しました。

今までいつもハト吉がいた部屋にその姿がない事が少し悲しいのですが、きっと大丈夫。
ハト吉がくれたたくさんの幸せと思い出が私の癒しとなってくれるでしょう。

2011年7月16日 (土)

ハト吉、猫天使になる

 今朝6時10分、ハト吉は14歳1ヵ月で永眠しました。

 口腔内扁平上皮癌と診断され、手術してから6カ月の闘病生活でした。

 辛い事もたくさんあったと思うけれど最期の最期まで私たち家族にたくさんの贈り物をくれました。

 だから、さみしいけれど笑顔で送ってあげようと思います。

 ハト吉、今までたくさんの幸せを本当に本当にありがとう・・・また会おうね。

 

 Pc210021

 

 

 

トップページ | 2012年3月 »

フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ